利用規約

い~コール(以下、本サイトといいます。)は、株式会社カップマネジメント(以下、当社といいます。)が提供する不動産マッチングサービス(以下、本サービスといいます。)です。本サイトは、その時の適正な価格を導き、公平・公正な不動産取引を行うための機会を提供いたします。
本サイト内の物件の取引は、公認不動産コンサルティングマスターが対応いたします。

株式会社カップマネジメント
平成30年7月1日

1.出品
  1. ① 売却依頼をされる方(以下、売主様といいます。)は、各地域の「い~コール参加業者」(公認不動産コンサルティングマスター登録者)(以下、参加業者といいます。)へ連絡してください。参加業者が売却したい所有不動産(以下、物件といいます。)の物件調査(物件の状態・状況、各種法令、権利関係等)を行います。また、同時に売却予定物件と売却依頼者との関係を確認いたします。
  2. ② 地域の参加業者は、物件調査完了後、売主に調査報告書を提出いたします。この際に、売却のために必要な、各業務や諸手続き、それらにかかる費用などの説明を行います。
  3. ③ 物件の調査報告書に基づき、選出された参加業者数社によって査定されます。最低査定価格から最高査定価格までの間で客観的に売却価格の予測ができ、この最低価格をもって売主様は、調査を行った参加業者と、専属専任媒介契約を締結して頂くとともに、売主の身分証明書を提出していただきます。
  4. ④ 売却基準価格は、最低査定価格または、平均査定価格のどちらかで設定します。
  5. ⑤ 参加業者の判断により、物件の境界が不確定な場合は、売主の費用負担にて、有資格者による境界確認をしていただきます。境界確認を、売買契約後に行う場合には、境界確認が不成立の場合の白紙解約条項を、不動産売買契約書に記載いたします。
2.入札
  • ① 入札依頼をされる方(以下、買主といいます。)は、参加業者を通じてのみ入札できます。
  • ② 買主は、落札したい物件について、参加業者と専属専任媒介契約を結んで頂くと同時に身分証明書を提出していただきます。入札額は、参加業者より適切なアドバイスを受け決定いたします。
  • ③ 入札にあたっては、参加業者より、買主の購入資金確認をさせていただきます。万が一、購入資金を各種ローンで補う場合には、そのローンの事前審査合格書、もしくは、金融機関の融資決定書等、提出後となります。
  • ④ 一般不動産仲介業者が、買主のために入札をする場合も同様に、参加業者を通じての入札となります。
  • ⑤ 参加業者は、公平公正を期すために、1物件に対して2人以上の直接の買主を持つことはできません。一般仲介業者のお客様による場合は、複数入札が可能となります。
3.落札
  1. ① 基本的に、オークション終了時点での最高入札者が落札者となります。
  2. ② 落札者が現れなかった場合、売主は、再度入札金額・期間を決めて出品することができます。また、即売物件として出品することもできます。
  3. ③ 入札期間内に、売主が納得した入札額が付いた場合には、オークション終了日を残り15日に設定できます。
  4. ④ 売却基準価格以下の入札額に対して、売主がその価格に合意した場合、その価格が落札額となります。
  5. ⑤ 落札者が契約までに辞退した場合は、2番手の参加業者が落札となります。
  6. ⑥ 落札者が契約までに辞退した場合のペナルティは一切ありません。
4.取引
  • ① 物件を調査した参加業者と、落札者を担当した参加業者、もしくは一般不動産仲介業者が媒介業者となり、落札物件について媒介取引を行います。
  • ② 売主、買主共に、それぞれの媒介業者と契約方法や契約日程を協議し、重要事項説明書、不動産売買契約書へ、売主、買主の署名・押印をし、手付金を支払う不動産売買契約の場合には、買主は、売主に手付金を支払い契約成立となります。そして、不動産売買契約書に従い、落札物件の、お引渡、残金支払、登記手続き等の処理が行われます。
  • ③ 買主が、物件を購入するために金融機関からの融資を受ける場合には、予め適切な日数を決め、融資金融機関・融資額を確定し、本申込による融資が不可能な場合による白紙条項を加えて不動産売買契約書に記載いたします。
  • ④ 一般不動産仲介業者は、落札物件にかかる法定手数料上限の10%額(税別)を、い~コール運営費用として納めていただきます。
  • ⑤ 重要かつ深刻な要件が出た場合や予測される場合、未確認事項の確認や新しく事実として出てきた情報等について、売主、参加業者、落札者、買主に対して、聞き取り、調査を行うことがあります。
5.反社会的勢力の排除事項
  • ① 売主、買主は、それぞれ、次の各号の事項を確約したものとします
    1. 自らが、暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずるもの又は、その構成員以下総称して「反社会的勢力」という)ではないこと。
    2. 自らの役員(業務を執行する役員、取締役、執行役又はこれらに準ずるものをいう)または、代表者およびその雇用関係にある者が反社会的勢力ではないこと。
    3. 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、出品、入札、落札、不動産売買契約を締結させるものでないこと。
    4. 本サービスの利用開始から本物件の引渡及び売買代金の全額の支払いのいずれもが終了するまでの間に、自ら又は第三者を利用して、当社、提携不動産調査会社、入札参加資格者業参加業者、売主、取引の相手方、取引に関わる者に対する脅迫的な言動又は暴力を用いる行為や偽計又は威力を用いてそれらの業務を妨害し、又は信用を毀損する行為をしてはならない。
  • ② 売主、買主について、次のいずれかに該当した場合には、なんらの催告を要せずして、提携不動産会社による一方的な売却依頼の解除、当社による落札の無効、売主、買主いずれか相手方による不動産売買契約の解除する事ができます。
    1. 前項ア又はイの確約に反する申告をしたことが判明した場合。
    2. 前項ウの確約に反し契約をしたことが判明した場合。
    3. 前項エの確約に反した行為をした場合
  • ③ 買主は、売主に対し、自ら又は第三者をして本物件を反社会的勢力の事務所その他の活動の拠点に供しないことを確約する。
  • ④ 売主は、買主が前項に反した行為をした場合には、何らの催告を要せずして、この契約を解除する事ができる。
  • ⑤ 第②項又は前項の規定により不動産売買契約が解除された場合には、解除されたものは、その相手方に対し違約金を支払わなければならない。
  • ⑥ 第②項又は第④項の規定により、提携不動産会社による一方的な売却依頼な解除、当社による落札の無効、売主、買主いずれか相手方による不動産売買契約の解除がなされた場合には、解除された者は、解除により生じる損害について、その相手方に対し一切の請求ができないものとする。
  • ⑦ 買主が第③項の規定に反し、買主への所有権移転後に本物件を反社会的勢力の事務所その他の活動の拠点に供したと認められる場合において、売主が第④項の規定によりこの契約を解除するときは、買主は、売主に対し、第⑤項の違約金に加え、売買代金から違約金額を差し引いた金額の違約罰を制裁金として支払うものとする。宅地建物取引業者が売主の場合、売買代金より、登記回復にかかる費用および損害金を控除した残金を返還し契約を解除する。
6.本サイトの運営の中断及び停止

以下に該当する場合、本サイトの利用者への事前通知、承諾なしに本サイトの内容の一部、又は全部を中断及び停止する場合があります。また、理由の如何に関わらず本サイトの遅延、中断、停止に起因して利用者が被った損害について、当社は、一切の責任を負わないものとします。

  • ① 当サイトの定期保守、更新、緊急時の処理
  • ② 天災地変、火災、停電、その他、不可抗力によりサイトが停止した場合やその後復旧しない場合。
  • ③ 不測の事態により、本サイト運営が困難となった場合。
7.免責事項
  1. ① 本サービスは、事前通知なく利用規約・免責事項を変更する場合がございますので、ご利用の都度、利用規約及び免責事項を必ずご確認くださいますようお願いします。
  2. ② 通信回線やコンピュータ等の障害によるシステムの中断・遅延・中止・データの消失・データへの不正アクセス等に関して生じた損害等について一切責任を負わないものとします。
  3. ③ 本サイトは、不動産取引を支援するサイトであり、本サイト上の不動産の情報、取引に関しての協議、打合せ、実際の不動産売買には一切関与いたしません。よって、落札物件の取引で生じた損害等について一切責任を負わないものとします。
  4. ④ 掲載される情報は、現地物件と相違がある場合は、現地物件状況を優先いたします。また、信頼性の高い情報提供が行えるように最大限に確認しておりますが、その内容を保証するものではありません。誤りがあった場合、その情報は無効とさせていただく場合があります。それに付随して利用者に生じた損害等について一切責任を負わないものとします。
8.禁止事項
  • ① 本サイトの資料・写真・情報等の複製利用
9.合意管轄

い~コール の利用に関して、い~コールと利用者との間で本規約について、訴訟の必要性が生じた場合は、松山地方裁判所をもって合意管轄裁判所とします。

10.準拠法

本規約の成立・効力・履行および解釈に関しては日本法を適用するものとします。