ご利用方法>買主

買主取引までの流れ

買主の場合の『い~コール』ご利用手順を説明します。

1お問い合わせ

欲しい物件のエリアを確認し、下記より、入札参加可能な業者へ問い合わせをするか、または、お問い合せフォームより申込みをしてください。

2媒介契約を結ぶ

買主は、入札者と「専属専任媒介契約」を結んで頂くと同時に、身分証明書等を提出します。

※詳細につきましては、入札者からのアドバイスを受けてください。

3資金・ローン等の確定資料の提示

購入資金をローンで補う場合には、金融機関から事前審査合格書もしくは、融資決定書等を入札者に提出してください。その他、現金での購入に関しては、入札者との打ち合わせのうえご確認ください。

4入札の開始

入札金額については、入札者と随時ご相談ください。売却基準価格以下での入札も可能です。

5落札

最高額入札となり、落札となった場合には、『い〜コール』より入札者に連絡いたします。

※1番手入札者が辞退した場合には、2番手入札者が繰り上がり、落札者となります。

※売却基準価格以下での入札も可能です。ただし、その価格で売却をするか否かは売主の判断となります。

※中古住宅は必要に応じてインスペクション(建物診断)をお勧めします。また瑕疵保険(有償)のご紹介も可能です。

※中古住宅の土地は、可能な限り地盤調査を行います。保証可能な場合には地盤保証(有償)のご紹介も可能です。

6取引の開始

売主と契約している地域提携不動産(調査)会社と入札者が媒介業者となり、落札物件についての媒介取引を行います。

<その他のお問い合わせ>

その他のお問い合わせにつきましては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。